トップ
NPO法人Officeノーマライゼーションの理事長である原田忠の活動日記です。これから設立を考える方や障害者の様々な相談の履歴でもあります。
以前の記事
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
NPO法人
Officeノーマライゼーション

〒577-0821
東大阪市吉松2-5-23
TEL 06-6722-2366
info@npo-norm.org




<   2005年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミナミのラウンジにて

 この日は、私が仲良くお付き合い させてもらっている、
芸人さんと何故だか 障害や福祉に付いて 話合う事が
あったのですが、芸能界でも障害者 になっておられる、
方々も何人かいると言う話になり、40歳以上の人達には
誰でもご存知の 昔懐かしい 新喜劇の人気者達も今は
重障害者として、生活をしているらしい この人達は関西
では一声を風靡した、芸人さん達だが、一人は声を失い、
一人は車椅子の生活をして 居られるそうだ、これは、
先の話になりますが、この人達とは華やかな世界で人気
者だった自分が、どの様に障害を受け止め、どの様に障
害者として 生きられて居られるのか、対談して見たいと
思っている。
 私も 嘗てそうであったが、障害者が障害者として生きて
行くには、まず自分の障害を 障害としてどの様に 受け止
められるのかが 大きな問題で、確りと自分の障害と向かい
合い 正しく今の自分を把握出来さえすれば、おのずと先は
見えて来る様に、なって来ると私は、自分の経験上考えて
います。
出来るだけ早く、この方々と お会いする機会を持つ事が出
来れば お許しを頂いてご報告したいと考えています
[PR]
by npo-norm | 2005-07-30 08:33

多目的トイレ 2

7月20日八尾市民病院へ、朝一番に出かけて行き先だって
お願いして置いた、多目的トイレの表記がどの様に成っているか
確認させて頂いたところ、障害者と 幼児の使用マークの下に
‘‘優先‘‘と表記を改めて、頂いていました。

 たかが、表記されど表記、市民病院の様な公的な施設において
この申し入れを聞き容れて 頂いた意味は大きく 市大病院に続
いて障害者への理解を深めて頂けた事に感謝いたします。

私達の申し入れを真摯に受け入れて 頂きましたPFIの古東さん
並びに、藤原さん本当に有難う御座いました。
今後に付きましても、私達はコツコツと啓発活動をして行く励みに
させて頂きます。 有難う御座いました
[PR]
by npo-norm | 2005-07-23 12:11

多目的トイレって?

 今までにも、同じ事柄で何度か私は嫌な思いをして来て
いるのですが 今日は 八尾市民病院のトイレで その出
来事が又起ってしまいました この八尾市民病院というのは
最近今まで在った場所より現在の場所に 移転して来た
ばかりの病院で、施設としても運営システムも新しい試みを
している最新の病院なのです
 最近出来た色んな大型施設でよく見かける(トイレ)なの
ですが、一般的なトイレでもなく、障害者用のトイレでもない
(多目的トイレ)と呼ばれているトイレが 今回問題になった
トイレなのです

 ご存知の無い方も居られるかも知れませんので、この多
目的トイレに付いて少し説明させて頂きますと、トイレの造り
としては車椅子の障害者が介護者と一緒に入って用をたせる 
従来から在る広さの障害者用トイレに、幼児のオムツ替え用
の折りたたみ式の簡易ベッドと履物を脱いで立つ事の出来る、
折りたたみ式の台?が使用出来るタイプのトイレの事です

 私事で申し訳無いのですが、私は車椅子を長い時間使用
していると 感覚の鈍い私のお尻から 私の意に反して振動
と引力が勝手に 身体から脱出を試みる 物が有るので、気を
付ける様にしているのです、少しでも気になればトイレに確認
の為に 入らなければ成りません あくまでも、これは私の話で
車椅子の障害者が全て そうでは無い事をご理解下さい。
と言う 事情も有って・・・・・・・・

 この時トイレが使用中になっていたので、私は諦めてクルと
回って 行こうとして居る時 後から30歳前後の 女性が (御
免なさいどうぞ)と 声を掛けてくれたので 私も(ハイ、どうも)と
頭をペコリと下げて もう一度 トイレに戻ろうとした その時 
今度は60歳前後のおばさんが いきなり私の前に割り込んで
(このトイレは、あんたらだけのトイレや ないやろ、ここ見てみ 
誰でも使って下さいと書いてあるやろ) と扉に書かれて
いる文字を指差して言うのには驚いてしまった
なにも今更ひらがなで書かれている文字の説明をおばさんに
教えて貰はなくても と思いながら・・・・・・
(この おばさん、余程トイレに行きたいのだろうな)・・・・・と
感じたのでそこは、何事もなくその場を収めて、受付の女子
事務員に(市民病院の管理者か施設責任者を呼んで下さい)
と名刺を手渡し お願いした、この時に出て来られたのが 
八尾医療PFI株式会社のファシリティ マネージャー藤原氏
と監査役の古東(こひがし)氏の二人と、話し合った。
今後、この問題に付いては 出来る限り善処すると言う
約束と この問題を全て実名で、私のホームページ上に
書かせてもらい 少しでも社会に障害福祉を再考して頂く
きっかけにしたい旨ご理解の上 今後この問題の顛末まで
ホームページ上に公開して行く事に同意をえた。
 私の独り言としては、こんな扉に書れた(誰でも、お使い
ください)の事位で取り決めを作らなくても、ほんの少しの
思いやりと 僅かばかりの常識 さえ有れば良い事なのに
・・・・・・・・?ですよね。
 この時 古東氏との話のなかで、私がこんな些細な事で
なぜ私達が話会う機会を持たなければ いけないのかと
言う事に付いてもキッパリと(なぜ)に付いて答えておいた、
あえて、此処ではその答えに付いて書くことは控えるが、
此の手の問題の“げんきょう”は概ね同じ答えで説明が
付くのでは ないのかと私は思っている。
尚、文中のPFI株式会社と言う組織は、日本で初めて
八尾市民病院の運営と維持管理だけを、するために
造られた株式会社と言う事です。
(公的施設の経営管理を営利会社がするなんて)
(?)ですよね。
[PR]
by npo-norm | 2005-07-20 19:55

障害者の独り言2

昨日、私は来月のイベント「笑いで、福祉」の打ち合わせの為 
大阪なんばで、タレントさんと待ち合わせをしていたのですが、
関西の方々は ご存知の通り何処とは言わず 「違法駐車」の
車、車の洪水です、特に昨日は千日前での事、障害車両の
私など、駐車禁止除外で有っても いつも通り停める事が出来
ません
そこで、何時もお世話に成っている 駐車場(SMARP24)
スマーピーに車を預ける事にしたのですが、ここは千日前通りの
一等地(ビックカメラ近く)のタワー駐車場 一見障害者には不向
きの様に思えるのですが、取締役の卜部さんが 障害者に大変
ご理解をして頂いているので、車の出し入れも親切にしてくれます

その上本当に有り難い事に、障害者には 障害者割引までして
下さる事になりましたので 私達障害者にとっては嬉しい限りです
以前より当法人(ノーマライゼーション)が取り組んできた問題
「違法駐車」問題ともリンクする事で卜部さんに理解ある行動を
示して頂きました事に心より感謝し 私どもも今後の活動に一層の
努力をして行きたいと思っています
[PR]
by npo-norm | 2005-07-08 18:22
  
.Copyright(C)2005,2007 NPO法人 Officeノーマライゼーション All Rights Reserved.