トップ
NPO法人Officeノーマライゼーションの理事長である原田忠の活動日記です。これから設立を考える方や障害者の様々な相談の履歴でもあります。
以前の記事
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
NPO法人
Officeノーマライゼーション

〒577-0821
東大阪市吉松2-5-23
TEL 06-6722-2366
info@npo-norm.org




<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

EMボカシ ネット大阪(岸さん)

今日、私達が10月1日に 開催する稚魚の放流事業に
参加を申し込まれて来た、岸さん(水質浄化運動活動家)
EMボカシネットワーク大阪と お会いしたのですが、この
EM菌と言う有機生物を上手く使う事で 環境問題、食料
問題、医療問題、等に 大変有効な使い方が出来る と 
言う話を伺い 今回私達が催す事業の、河川の水質問題
や 臭いの問題でリンクするのではないか、と 言うお話
でした 又このEM菌を 使う事で生ごみを堆肥に変える事が
出来ますので、現在行われています都市部の大量の生ごみ
処理問題に、使われている莫大な処理費用の問題にも、焼却
による、環境問題にも 優しく大きな力と成るのではと 思い
大変考えさせられる処が大きいです。
e0007558_19333169.jpg

この、EM菌に付きましては 比嘉 照夫(琉球大学教授)の
著書「地球を救う大変革」で多くの検証と実例を挙げられて
御自身も、研究だけではなく (財)地球環境理事長、
(財)世界平和協会理事、(財)日本花の会技術顧問
(社)日本の水をきれいにする会技術顧問、なども兼任され
活発に活動されています事も知り、
私共 officeノーマライゼーションと致しましても NPO活動の
一環として取り上げ EM菌普及活動(水質浄化)有機農法の
土壌造り、生ごみ処理問題、環境改善事業 等に参加して
行きたいと考えています EM菌を使った今後の事業計画も、
私と岸さんの間で沢山計画出来ているので、今後のプログで
少しずつ書いていく事にさせて頂きます
とにかく、イベント当日はEM菌で作られた(元気玉)出来る限り
持ち込んで頂く事となり、当日は盛りだくさんに成りそうな気が
しています
[PR]
by npo-norm | 2005-09-30 08:22

2005.9.25 合同慰霊祭

JR 脱線事故の合同慰霊祭が 尼崎の事故現場近くの特設
会場で執り行なわれたのですが、いろんな意味で驚きました
まず、会場へ行く途中や駅周辺に 制服着用のガードマンが
10メートル間隔ぐらいに立っていて、交通整理をしていたので
車の停められる所を聞いてみたら 詳しい事が分らないので
待って欲しいと言われ、無線で何処かに聞いて呉れたのですが
これが また長く待たしたあげくに、先に進んで聞いて欲しいと言う
少し 先に車を止めもう一度聞くと 銀行の所に駐車場が有るらしい
と、言う 先に進んで行くと 合同慰霊祭の会場入り口まで 行き着
いたので、其処にいた係員らしい スーツ姿の人に駐車場の事を
尋ねると、慰霊祭の主催者側は駐車場を用意していないと言う話し
慰霊祭会場は、大きな特設テントの会場でパイプ椅子だが大型の
冷房装置が何台も設置され会場内は いちょう快適にしてあったが
会場其の物が、広い空き地に線路に轢いてある 幼児の拳位の
バラスが轢きつめられているので、道路から会場テントまでが30~
40メートル位を、私の様な車椅子では前輪のキャスターがバラスに
食い込んで進めないので 車椅子の私を先に降ろすために会場の
入り口近くまで車を入れさせて欲しいと 事を分けて説明をしたが
それは、出来ないと言う 自分の足で歩ける人でも政治家などの
名誉や地位のある人達には 違う対応の様だったらしいが・・・・・
混雑してしまうので、その場は引いて午後から出直したのだが
流石に 午後からはがらがらに成っていた
午後から出かけるとき 元自衛隊のレインジャーで屈強な若者と
一緒に行き ゴツゴツのバラスの上を車椅子で無理やり会場まで
私を運んで貰った 私と一緒に大きな花束を持って同行してくれた
福祉施設の施設長(徳田氏)も 此の対応の悪さに かなり立腹
していた
事故後のJR全体の体質の悪さが、此処にもよく現れ見て取れた
だけで、それ程の驚きは有りませんでしたが やはり一連の遺族
に対する気持ちに こもっていない対応 上辺だけ上手く取り繕う
としている体質 どんなにそつ無く深く御辞儀をしても、言葉綺麗に
案内をしてくれても  誰一人として手を貸して呉れ様としないで
遠くから眺めているだけ 会場の係りはイベント会社に依頼して
会場の周りは ガードマンに依頼して措けば 自分達JRの企業の
責任は、果たしていると勘違いしている  勘違いしているので
遺族との話し合いにも 取り締まり役は出てこないのであろう
今後も、私は此の問題を私成りに最後まで、見ていくつもりです。
[PR]
by npo-norm | 2005-09-27 13:25

開催日時が決定しました

先だって プログで紹介致しました東大阪市助成事業の
日取りが決定致しました

10月1日 土曜日 午前10時開催 2時間位の予定です
雨天の時には 10月8日に順延と決定いたしました
決定したのは良いのですが、当日現場に来て頂く警察官や
道路使用許可の手配に、当日使用する 金魚すくいの遊具
一式の手配に、金魚すくい用の金魚3600匹と 御持ち帰り用
の金魚500匹 持ち帰り袋200枚 少し大きめの魚1400匹等の
手配も終り 合計放流数 5000匹 揃えるのは大変でしたが、
何ヶ所もの業者に お願いして 何とかなる見込みが立ちまし
たが お盆の前だったら、金魚すくい用の金魚が安くで いくら
でも集まるらしいのですが、私達の開催する10月に成ると 安
くて 小さい金魚も大きく育ってしまい、値段が変わってしまう
事と 金魚すくいに むかない大きさに成るらしくて、頃合の良
いサイズに 苦労をしてしまいました
たかが、子供の金魚すくい遊び されど丁度良い金魚集めには
苦労しました

子供達に少しでも良いコンデションで、楽しませてあげたい 此の
事で 私も、今回は多くの勉強になりました
金魚をすくう為の「ポイ」 此れにも張って有る紙に(強、中、弱)と
有りこの、紙から選定しなければ成らない なんて考えもしていな
かった事だったり、すくう金魚をはなす、大きな四角い桶を すくい
桶と言い この桶の大きさや、深さでもすくえる金魚の数も変る 
なんて考えてもいない事でした
メインの放流事業をする為より、それの前段階の 子供達を喜ば
せる イベントの金魚すくいに 神経をこんなに使うなんて 思って
もいなかったので大変でした
後は、当日無事故で楽しく、開催出来る事に全力を注ぐだけです
開催まで、後2週間と成りやっとポースターも出来上がって来ました
学校、幼稚園、役所、地域の掲示板、等に今日、明日にも沢山の
人達の目に付く所に、貼って頂く事に成っています
[PR]
by npo-norm | 2005-09-18 07:04

人生の再生を願って

    7月X日の相談
私としては、この様な相談をお受けしているのを、余り書き
たくは無かったのですが、活動の実態が 知りたいと言う
連絡も多かったので、プログに書く事に致しました

 大阪府内の58歳B子さん独身の相談は、有る事情から
自分の妹さんの子供と自分達の母親の面倒をB子さんが
一人で看て来たのですが、頑張り屋のB子さんも 最近
お母さんが 亡くなられ 永年面倒を看て来た子供達も
自立をして、気が付けば自分独りが取り残され、お母さん
の看病の為、自分は仕事まで無くして、困っている。

 頑張り屋のB子さんの事、仕事を探しては居るものの
今の世の中58歳での就職は、なかなか見つかる物では
ない お母さんのお葬式の為 できてしまった借金も有り
身も心もボロボロに、なり今後の生き方を 相談に来ら
れたのだ 今まで、色んな相談を受けて来た私も 流石
に目頭が熱く成るのを止められなかった。
私が、この方にお会いして感じたのは、見た目には強い
女性を前面に出しテキパキお話をされるが、その見た目
が強いのが災いしてしまった様に、私は感じた
見た目とは正反対に、内心はとても 優しくてナイーブな
B子さん、自分の事を顧みず年老いた母親を、可愛そうな
子供達を、ほって置く事が出来なかったのだ。
人の話としては、時より耳にもするが、本当に何十年も懸け
面倒を看て行くのは、中途半端では出来ないと思う

此の女性の相談に付いては、私も全力で取り組んで行く
つもりでいます。
因みに、取り合えず差し迫っているのは、金融業者の取立て
と、此の女性の生活を安定させる、事ですが生活の方は暫く
生活保護 が良いと考えられますので、役所で保護をして貰い
金融業者との折衝を私達がする、と言う事で保護課の方は
快く引き受けて頂けた、この女性は少し落ち着いた頃合を
見計らって、自立の方法を一緒に考え様と、思っていますが
此の手の、ご相談で一番多いのが 借金を返す為に借金を
繰り返し 一ヶ所から借りて返すのに 二ヶ所に増え2ヶ所に
返すのに 又1ヶ所と言う様にどんどんと 金融業者の数が増
えて行く 其れに比例して金額もどんどん 膨れ上ってしまう
これでは、いけないと自分も分っているのに、6ヶ所、7ヶ所と
増え続け、3年位の間に 私の処へ来られた時には 金額も
¥500万円位に膨れ上がってしまい、自暴自棄に成っていた
処を、古くからの友人に連れられて 私の処に来られたのです。

確かに、こんな借金をして しまわれた本人さんの行動にも
問題点は感じますし、とても褒められた物でも無いのですが
色んな諸事情を、考え全面的に取り組む事に致しました。
こんな問題を抱えている、人が最近多く相談に来られますが
出来る限り、借金を作る前に 相談に来て欲しいと思いで
今回は、思い切ってプログに書く事にしました。
自分勝手に、遊興費に使ったり、浪費を繰り返す人の借金
返済などは、当然御手伝いさせて頂くのは辞退致しますが
真面目に、人生をやり直そうとしている人には、出来る限り
御手伝いしたいと、考えています

此の女性は、私の知り合いの障害者施設を、9月5日に見学に
行き良ければ当面そこで働く事に決まり、今後のこの女性の人生
を楽しみに見守って 行きたいと思っています
[PR]
by npo-norm | 2005-09-06 06:44
  
.Copyright(C)2005,2007 NPO法人 Officeノーマライゼーション All Rights Reserved.