トップ
NPO法人Officeノーマライゼーションの理事長である原田忠の活動日記です。これから設立を考える方や障害者の様々な相談の履歴でもあります。
NPO法人
Officeノーマライゼーション

〒577-0821
東大阪市吉松2-5-23
TEL 06-6722-2366
info@npo-norm.org




2007年3月18日 (東関部屋訪問)

早朝7時30分、平野区(大阪市内)大阪場所宿舎に 早朝稽古見学に
招待して頂き、激しい稽古を1時間以上に亘り見学させて頂きました。
e0007558_19411881.jpg

今日の見学は、同伴者を多く同行しても良いと言われていたので、私を
含めて6名で行かせて頂きました。
前日から朝7時に 私の自宅に集合の約束だったのですが、話しが変って
私が、朝の5時前に電話で起こされて 大変な思いをしました
授産施設も休みの事で、偶然にグループホームから2名の所員さんも加え
私達4名(・・・・私も障害者ですが・・・・・・)車2台に分乗して行きました
e0007558_19443662.jpg

現場に着くと稽古が始まっていたので、稽古場は熱気でムンムンしていました。
「東関部屋」と言いますと 今は幕内力士が2名ですが、これからの若い力士も多く楽しみです。
e0007558_19464456.jpg

バッシ、バッシ、先輩力士の胸を借りて若手力士が次々に身体をぶつけて行く凄い迫力です 激しくぶつかる時の音に加えて、空気が衝撃を伝えて来ます
e0007558_195066.jpg

激しくぶつかり合いをするのにも 流石は日本の国技荒々しさの中に毅然としたしきたりが、稽古場全てを凛と引き締めている
e0007558_19523823.jpg

そんな空気の稽古場で ひときわ貫禄を示していたのは、一番弟子の「高見盛関」「潮丸関」・「高見藤関」でした 稽古場の土俵を掃き清め直して キビキビと動く若い力士達みんなが 疲れも見せずに自分のする事を進んでこなして行く。
それでいて、親方の声ではなく微かな身の動きで、的確に反応している様に感じる。
e0007558_19551568.jpg

現役時代から親方の声は余り通り良く 聞える方ではなかったが、現在はもう少し聞き取り難く、殆ど聞き取り不明のようだが お弟子さん方は何でも分かって居る様子でした。
[PR]
by npo-norm | 2007-03-21 19:55
<< 2007年3月18日 東関部屋...    2007年3月17日 小阪病院... >>
.Copyright(C)2005,2007 NPO法人 Officeノーマライゼーション All Rights Reserved.